IT21inc
弘前アップルパイガイドマップ
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

アクセスカウンタ
今日 : 8
昨日 : 4646
今月 : 921921921
総計 : 719345719345719345719345719345719345
トップ  >  巨大アップルパイができるまで
1.使用するりんごは栄黄雅(えいこうが)という品種のプリザーブ(煮りんごのシロップ漬け)です。


2.籠にあけてシロップを切ります。もったいないですが、シロップとはここでお別れです。


3.焼いてある下地に使うパイ生地を2mの回転できる皿に敷き詰めます。


4.やわらかいスポンジ生地をその上に敷き詰めます。


5.シロップを切ったりんご(400個分)を上に乗せ、均等な高さになるようにならします。


6.バター2kgを細切れにして、全体にいきわたるようにします。これで風味が増していきます!
また、バニラエッセンス200ml、ブランデー200mlも満遍なくかけ、香りをつけます。焼きあがる際にとてもいいにおいがするのはこれらのおかげです。


7.上からパイ生地をかぶせます。今回は「りんご花まつり」という文字もパイで表現してみました。


8.焼き色を美味しそうにするために、100個分の卵黄を塗ります。グリとグラの巨大ケーキを思い出しませんか?!


9.事前に温めておいた巨大アップルパイ2m専用の焼き釜(4号機)に入れます。途中で焼き村がないか確かめながら、2時間焼いていきます。


10.お皿が回転式になっており、90度ずつまわして均等に焼き上げていきます。


11.2時間後、焼きあがりました!やったね!


12.次はカッティングです。ノコギリの様なナイフで、まっすぐ切っていきます。縦に切れ目をいれ、次に横に切れ目を入れてゆき、6.5cm角のアップルパイにカットしていきます。


13.ヘラで2個ずつ盛り付けていきます。


14.750ピースできますので、2個ずつだと375パックできることとなります。崩れたりしたものは、ボランティアスタッフのお腹へと行くことになりますw


15.長蛇の列ができ、販売は30分から60分くらいで終了となってしまいます。


16.りんご公園は岩木山が一望できるいい場所です。博物館、古民家、駐車場、遊具、りんごにまつわるグッズ販売、りんごラーメンなどなど、りんご尽くしな場所です!
前
巨大アップルパイのレシピ
カテゴリートップ
TOP
次
使用しているリンゴについて